トップページ > 記事閲覧
青島山砲台を背景にした日本映画
日時: 2010/08/21 18:45
名前: 来来中国

青島・中国旅行社の日本語がよくお客様へ「青島山砲台」へご案内しますが、砲台管理事務所では、中国中央テレビ局製作の「青島要塞」を販売しています。

実は、ほとんど知られていないが、日本も昔、下記映画を作製していました。いまは戦争マニアがそれをDVD化して、日本で販売しています。

詳細はこちら・・・

青島山砲台を背景にした日本映画
「青島要塞爆撃命令」
--------------------------------------

「太平洋の翼」の須崎勝弥が脚本を執筆、「ニッポン無責任野郎」の古沢憲吾が監督した航空活劇。撮影は「にっぽん実話時代」の小泉福造。

1914年、第一次世界大戦が勃発。当時英国と同盟を結んでいた日本も連合国側に立ってドイツ帝国に宣戦布告、 アジアにおけるドイツの拠点中国大陸膠州湾を守る青島要塞攻撃の主力
となって参戦した。だが、ドイツの誇る巨大なビスマルク砲台があり、陸海軍必死の作戦もこれを突破することは絶望的であった。
残る手段は、ただ一つ空からだけだ。かくて、日本海軍が持つ唯二機の戦闘機に出撃命令が下り、四人の勇士を乗せ飛び立った。


STAFF●監督:古澤憲吾 特技監督:円谷英二 脚本:須崎勝弥 音楽:松井八郎
CAST●加山雄三/夏木陽介/佐藤 允/浜 美枝/池部 良
1963年度作品/TDV16143D/¥4,725(税込)

音声:ドルビーデジタル 1.日本語モノラル(オリジナル)字幕:日本語字幕

 【DVD特典】●「劇場予告編」■解説書付


1963 年東宝作品。第一次大戦、日本はドイツと闘っております。日本海軍はドイツ占領下の中国青島(チンタオ)要塞を軍艦で攻撃するも、圧倒的な射程距離を誇る「ビスマルク砲台」に阻まれ、なす術がない。起死回生の秘策として、当時誕生して間もない航空部隊に命令が下る。ババーン! 青島要塞爆撃命令!!
 日本の戦争映画といえば、戦争の悲惨さを描いた暗いもの、というイメージがありますが(ないですか?)、1960 年代頃の東宝は『太平洋奇跡の作戦キスカ』『日本海大海戦』など日本男子ならばアドレナリンが吹き出まくる痛快無類の戦争映画を多数製作、この『青島要塞爆撃命令』も「『ナバロンの要塞』も目じゃないぜ!」というバチグンの面白さであります。
メンテ

Page: 1 |

Re: 青島山砲台を背景にした日本映画 ( No.1 )
日時: 2016/08/06 04:24
名前: Julz  <5u48gaawem5@hotmail.com>
参照: http://eczitfl.com

Your outfit is absolutely wonderful! I love the pink in contrast with the blo#3.Dan&ck9;t worry about forgetting you bought those earrings, that happens to me all the time! I don&#39;t even know how it happens.Another great video! I must agree that Christmas Vacation is one of the best holiday movies ever. Oh, and somehow I was not subscribed before, totally did now. :)
メンテ

Page: 1 |

題名 話題をトップへソート
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
来来中国へコメント

   クッキー保存